保育の理念

児童福祉法に基づき「保育に欠ける」乳幼児の保育を行います。
保育にあたっては子どもの人権や主体性を尊重し児童の最善の幸福のため、保護者・地域社会と力を合わせて児童の福祉を積極的に増進し、あわせて地域における家庭援助を行います。

保育の目標

すなおで あかるく たくましく